頻尿・尿意切迫・尿失禁・過活動膀胱

頻尿・尿意切迫・尿失禁

 

頻尿(日中のトイレの回数が多いこと、日中8回以上)

夜間頻尿(夜寝ているときに何度もトイレに起きること)

尿意切迫感(急に抑えられないような尿意が起こり、我慢できないこと)

切迫性尿失禁(急に抑えられないような尿意が起こり、我慢できずにもれてしまうこと)

などの症状でお困りの方は多いと思います

排尿症状があっても「歳のせいだろう」などとあきらめておられる方、「恥ずかしくて相談できない」または「どこに相談したらよいかわからない」などと思われている方も多いと思います

2003年日本排尿機能学会の調査で、40歳以上の男女のうち頻尿や夜間頻尿の症状をお持ちの方は50%を超えているにもかかわらず、医療機関を受診された方は18%程度であったと言われています

2002年排尿に関する国際学会(国際尿禁制学会)において、尿意切迫感を主な症状とする頻尿や夜間頻尿を伴う病態を過活動膀胱と定義されました。日本では40歳以上の男女の12.4%にみられるとされ、約800万人の患者さんが存在すると推計されています

過活動膀胱は高血圧治療を受けている人と同じぐらいの数の人が存在するといわれています

生活の質が著しく損なわれているにも関わらず、我慢されている方が多い疾患であるということです

 

過活動膀胱に対する鍼治療

過活動膀胱に対して仙骨部に鍼治療をおこない、切迫性尿失禁および尿意切迫感が改善します。 さらに、1回の排尿量が増大したことにより、頻尿の改善が得られます

その他に、すでに過活動膀胱に対して薬物療法を受けておられるものの、効果が不十分な場合や、副作用で薬物療法が継続できない症例に対しても鍼治療を行ないます

鍼治療の効果として、異常な尿意を抑える効果が考えられます。過活動膀胱に対する薬物療法は膀胱の筋肉(膀胱平滑筋)の抑制効果によって、尿意切迫感や切迫性尿失禁の改善に結びつくと考えられていますが、鍼治療は尿を貯めているときの膀胱からの情報をコントロールすることによって、尿意切迫感を改善し、切迫性尿失禁が起こる前に排尿を完了することが可能になると考えられます

リストマーク夜間頻尿は死亡率を上昇させる ブログへリンク
リストマーク間質性膀胱炎 ブログリンク

名張 交通事故 整骨院 肩こり 腰痛 膝の痛み 首の痛み 肩の痛み 50肩 頭痛

名張市 伊賀市 の鍼灸 美容鍼 交通事故治療 骨盤矯正 猫背矯正 産後矯正 不妊鍼灸 整体

名張 鍼灸 やすらぎはりきゅう整骨院 ☎0595-64-0033

 

| カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hk