心が動くと、身体も動く

名張の鍼灸整骨院です

トリガーポイント療法 腰痛 肩こり ひざ痛 交通事故治療  坐骨神経痛(腰痛) 腰部脊柱管狭窄症(腰痛) 頚部脊柱管狭窄症(肩こり) 腰部椎間板ヘルニア(腰痛)頚椎椎間板ヘルニア(肩こり) 40肩50肩 美容鍼 は名張の当整骨院にお任せください 当整骨院は名張 市内伊賀市からもアクセス良好

運動よりも食事よりも、読書が大事

伊賀市名張市交通事故整骨院腰痛肩こり

なぜ読書は健康寿命を延ばす?
アメリカ・イェール大学が発表した「読書と寿命」に関する論文によると、50歳以上・約3600人を「本を読む人」と「まったく読まない人」のグループに分け12年に渡って追跡調査したところ、「本を読む人」の方が2年近く寿命が長かったというのです。しかも、性別や健康状態、財産、学歴には関係なく、本を読むことが長寿につながっていたと結論づけています。

また、医学や高齢者福祉などのエキスパートが集まるJAGES(日本老年学的評価研究機構)が現在調査中の研究では、「図書館が近くにある人は要介護リスクが低い」というデータもあると言います。
AIひろしの分析では、「本や雑誌を読む人」は多くの赤い健康要素とつながっている一方、「読まない人」は青の不健康要素(「人生に嫌気がさすことがある」「社会に関心がなくなってきた」など)と数多くつながっていることが判明。はっきりと差が出たのです。

 名張交通事故治療整骨院腰痛肩こり

心が動くと体が動く”という言葉があるが、何かやってみたいことを見つけると、旅行に行こうとか、行動を起こそうとなる。読書は心を動かし、行動を起こすきっかけを与えてくれる

スポーツグループに週1回参加」 健康要素39:不健康要素0
「野菜や果物を毎日2回以上食べる」 健康要素99:不健康要素6
「本や雑誌を読む」 健康要素119:不健康要素0

定期的にスポーツをしたり、食事に気を遣ったりする人は、健康要素と非常に多くつながっている。しかし、読書はそれ以上の数につながっていて、不健康要素とはまったくつながっていない。実に「健康」につながる行動であることが見えてきた。

患者さんに動いたほうがいいですよ 運動してくださいと言っても、それだけでは動かない続かない。そういうときに『心が動くと体が動く』という言葉があるのですが、何かやってみたいことを見つけると、旅行に行こうとか、きっかけを与えてくれるという意味でも、「本や雑誌を読む」というのは効果あり

運動よりも読書で健康になる AIが示す健康長寿の方法

伊賀市名張市交通事故整骨院腰痛肩こり

WHO(世界保健機関)鍼灸適応症一覧
現在、WHO(世界保健機関)において鍼灸療法の適応とされている疾患は多科に渡ります。また、臨床研究が進められている疾患も大変多くあります。海外ではエイズや薬物中毒者へ鍼灸を行い、一定の効果を得ているようです。
神経系疾患
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
運動器系疾患 腰痛 肩こり
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系疾患
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系疾患
気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系疾患
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分泌系疾患
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖、泌尿器系疾患
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系疾患
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
耳鼻咽喉科系疾患
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
眼科系疾患
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科疾患
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

名張やすらぎはりきゅう整骨院 交通事故治療 美容鍼灸 鍼灸 腰痛 肩こり 姿勢矯正

タイトルとURLをコピーしました