ココナツオイル

ヴァージンココナッツオイル

効果

ダイエットに効果的

便秘に効果的

コレステロール値を下げる

糖尿病の予防・改善になる

心臓血管疾患のリスクを下げる

免疫力を高める

高い抗酸化作用があり、若さを保つ! 紫抗シワ効果や美白効果、抗炎症作用

甲状腺機能の低下の改善。代謝アップ

アトピーに効果的

認知症・アルツハイマーの予防・改善

ココナッツオイルココナッツオイル

糖質

血糖値が高くなると、すい臓からインスリンが分泌されて調整が行われますが、常に糖分を過剰に摂取していると、効きにくくなり、糖尿病の原因となる

エネルギーに変換されなかった余剰のブドウ糖は中性脂肪となって脂肪細胞に蓄えられ、肥満、高脂血症になります

脳内でもドーパミンの量を調節できなくなり、糖が足りないとイライラする中毒症状になります

ケトン体とは

人間の体には、糖質、たんぱく質、脂質を源とする3つのエネルギー産生回路があり、エネルギー量が枯渇しないよう、段階的に働く仕組みになっています。 血中のブドウ糖がなくなると、肝臓に蓄えられたグリコーゲンからブドウ糖が作られ、それも不足すると今度は筋肉のたんぱく質がブドウ糖を合成する。そして、これも使い果たしたときに働くのが、肝臓で脂肪酸を分解したケトン体です

ケトン体によるエネルギー回路が使われると、老化防止の面では効果があります。体が栄養分が足りない危険な状態になると長寿遺伝子が活発に動き始め、細胞の劣化を防ごうとする

脳細胞は、ブドウ糖よりもケトン体を好む性質を持つので、ケトン体が送られると脳内にα波が生まれ、リラックスした状態になる

ケトン体は、脳のエネルギー源になるため、脳がブドウ糖をエネルギー源として使えなくなってしまう

アルツハイマー病の予防・改善にも効果がある

ココナツオイルでケトン体の体質になって脳をアンチエイジング

普通の植物油が長鎖脂肪酸が主であるのに対して、ココナツオイルは中鎖脂肪酸のため、消化吸収がよく直接肝臓に運ばれて分解されエネルギーに変換されるので、脂肪になりにくく、血中ケトン体濃度を高める効果がある

その吸収力は長鎖脂肪酸の約4倍、代謝は約10倍の速さで行われ、脂肪になりにくい

抗菌作用や抗ウイルス作用もあるため、あらゆる感染症から体を守る脂質でもあります

ココナッツオイルココナッツオイル

美容鍼灸

名張 交通事故 整骨院 肩こり 腰痛 膝の痛み 首の痛み 肩の痛み 50肩 頭痛

名張市 伊賀市 の鍼灸 美容鍼 交通事故治療 骨盤矯正 猫背矯正 産後矯正 不妊鍼灸 整体

名張 鍼灸 やすらぎはりきゅう整骨院 ☎0595-64-0033

 

| カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hk