健康寿命 

平均寿命と健康寿命 日本の平均寿命は世界でもトップクラスですが、「健康寿命」はどうかというと

健康寿命とは、健康上の問題が無い状態で日常生活を送れる期間のことです。

寝たきりなどの介護状態ではない期間です。地域にもよりますが、平均寿命から健康寿命を引くと、男性は約9年、女性は約12年もの差がある。

健康な期間が長ければ本人や家族も幸せですし、介護や医療の費用も抑えられます。

いきいきと自立して暮らせる健康寿命を延ばすためにも、ロコモ・メタボ・認知症・うつ・ガン にならないことが重要なのです。

予防をしなければ、「人生100年」時代なので平均寿命と健康寿命の差、寝たきりなどの介護状態は実際はもっと長くなる 10~20年以上 健康寿命 鍼灸で予防

「平均寿命」とは出生時、つまり0歳時の平均余命のこと。2012年の日本人の平均寿命は83歳だが、これは2012年に誕生した人が(死亡率が現在のままだと仮定した場合)平均して83歳まで生きられるということを示している。

つまり、現在の70代、80代の半分以上が平均寿命より長く生きる計算になる。

そして現在の40代が高齢になるころには、寿命はもっと延びていることが予想される。「人生60年」ではなく、「人生100年」時代に突入する。

名張鍼灸やすらぎはりきゅう整骨院で予防

名張鍼灸やすらぎはりきゅう整骨院で予防

名張 交通事故 整骨院 肩こり 腰痛 膝の痛み 首の痛み 肩の痛み 50肩 頭痛

名張市 伊賀市 の鍼灸 美容鍼 交通事故治療 骨盤矯正 猫背矯正 産後矯正 不妊鍼灸 整体

名張 鍼灸 やすらぎはりきゅう整骨院 ☎0595-64-0033

| カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hk