腰痛 トリガーポイントと脳へのアプローチ

NHKスペシャル腰痛治療革命から

画像診断上は問題がなく、
3ヶ月以上痛むが続く慢性腰痛と呼ばれています。
日本にはおよそ1400万人ほどいるそうです。
慢性腰痛の原因の多くは、
腰ではなく脳にも原因があり、
最近では、慢性腰痛を診る場合は、脳も原因となることがあると考える

慢性腰痛のメカニズム

腰痛への恐怖、ストレス、不安感から、
脳の中でもDLPFCの働きが悪くなる。
そこは痛みの回路を沈め、痛みを緩和する物質を出す部分
そこが働かないので、痛みが緩和されない。

DLPFCの活動が衰えているため、腰痛が治っているにも関わらず、痛みの回路を沈める指令が満足に出せないため、痛みが出続けている
痛みの元であった筋肉の炎症や骨の異常がなくなっても、脳の痛みの回路が消えず痛みを感じ続ける
DLPFCが衰える原因は、痛みからの恐怖心でした
強い恐怖心が脳の中で生まれるとDLPFCにストレスがかかり、次第に活動が衰えていくそうです

腰痛肩こりの原因痛みの回路腰痛肩こりの原因

どうしたらDLPFCは元に戻るのか
痛みの恐怖心を取り除けば、元に戻るといいます
脳の衰えたDLPFCの活動を元に戻し、痛みの回路を沈める指令を出すようにすることだといいます。

そのためには、

脳へのストレスをなくす。
ストレスは、また腰痛が
起こってしまうかもしれないという恐怖がもたらす。

具体的には、
腰痛への不安を解消する映像を見る、
恐怖心を克服する運動をする、
さらに専門的な心理療法を取り入れるなど。


 

これは、脳における最新の研究途中の知見であり慢性腰痛や腰以外の痛みも、

全ての原因が脳にあるというのではなく、脳にもアプローチをして、不安感を軽減することも効果的ということです

具体的な方法も示されていましたが 当院では、これらの方法より簡便に、

痛みのある患部と同時に、やすらぎ式頭鍼療法 頭皮への鍼で脳・中枢神経・DLPFCにも直接アプローチできます。

また、自律神経からも、緊張感・不安感を軽減できるように、治療しています

当院では不安感を軽減できる、コルセット・サポーターも用意しています

腰痛の85%は画像診断上は問題がなく、原因が特定できない非特異的腰痛と言われています
腰痛持ちの人は、推定2800万人とか言われます。
そのうち90%近くは慢性腰痛です

その大部分は、骨や関節ではなく、筋・筋膜に原因があると考えられ、患部にはトリガーポイント療法が、最も有効と考えられます

当院ではトリガーポイント療法にくわえて、やすらぎ式頭鍼療法(DLPFC)などいくつかのアプローチができます

 

リストマークNHKスペシャル腰痛治療革命 動画

トリガーポイント研究会

 

リストマークトリガーポイント療法 交通事故 慢性の痛み 腰痛 肩こり リンク

筋膜のトリガーポイント

超音波超音波

当院は超音波治療を鍼治療と併用

超音波は水分の多い組織ではあまり吸収されず、コラーゲンの多い組織(筋膜・腱・靭帯・関節包)でよく吸収されるので、トリガーポイントのある筋膜・腱・靭帯・関節包を集中して治療できます

名張 交通事故 整骨院 肩こり 腰痛 膝の痛み 首の痛み 肩の痛み 50肩 頭痛

名張市 伊賀市 の鍼灸 美容鍼 交通事故治療 骨盤矯正 猫背矯正 産後矯正 不妊鍼灸 整体

名張 鍼灸 やすらぎはりきゅう整骨院 ☎0595-64-0033

 

| カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hk