トリガーポイント療法 交通事故 慢性の痛み 腰痛 肩こり

トリガーポイント鍼治療で運動器に発痛実体を有する痛みの発生源を鍼で刺激すれば

機械受容性疼痛・運動器の慢性痛を最もよく鎮痛・治癒できます。

 

機械受容性疼痛 とは

侵害受容性疼痛や神経障害性疼痛と誤診され、現代医学的治療では効果のない多くの運動器の慢性痛のことです。

肩こり、腰痛、ひざ痛、五十肩、頭痛、ヘルニア   
一部のCRPS,脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、臼蓋形成不全の痛み、 など

これは、侵害受容性の痛みではありませんので、

♦ 運動器の慢性痛には消炎鎮痛剤 NSAIDsやオピオイド、湿布だけでは効果が少ないです。

侵害受容器性疼痛・神経障害性疼痛と機械受容性疼痛の混合痛もあるが消炎鎮痛剤NSAIDsやオピオイドだけでは効果がない。

肩こり肩痛首痛背部痛腰痛ヘルニア坐骨神経痛

 現代医学的見解での痛みの種類

1.侵害受容器性疼痛 (急性痛の代表)

傷があることによる痛み。 患部を触ると痛いので、触ろうとは思わない。

侵害性疼痛とは、体の組織の損傷によって起こる痛みのことです。 傷やけがや炎症などで起きる痛みです。

体の組織に害を及ぼすような強い刺激 (侵害刺激:圧力、化学物質(酸アルカリなど)、熱)が加えられると、

発痛物質で侵害受容器が反応し電気信号を発することによって感じる痛みのことです。

消炎鎮痛剤NSAIDs・オピオイドが使われる。

2.神経障害性疼痛 (慢性痛の代表)

神経障害性疼痛は、神経、脊髄、または脳の損傷や機能障害によって起こる痛みです。 現代医学的治療はうまくいってない。

持続しやすく、アロディニア(感作)が生じる。しびれ感を伴う。

3. 心因性疼痛

心因性疼痛とは、主として心理的な要因に関連して起こる痛みです。

4.機能性疼痛

中枢神経が感作され、発痛実体が消褪した後も続く痛み(慢性痛)。下行性疼痛抑制系が破綻したため、非侵害刺激でも痛みが生じる。

 

この4つの中に最も身近な運動器の慢性痛がありません。現代医学では運動器慢性痛での機械受容性疼痛の概念自体がないのです。

現代医学的見解の侵害受容性疼痛や神経障害性疼痛、鎮痛機構の破綻など脳の誤作動や中枢に問題があって生じる痛みではなく

運動器の慢性痛は現代医学に未だ認知されていない機械受容性疼痛と考えられます。

 

傷による痛みとはメカニズムが異なります

運動器の慢性痛は、 筋、腱、靱帯といった末梢組織に痛みの発生源( =責任トリガーポイント)があり、発生源を刺激(刺鍼、マッサージ)すれば鎮痛が達成される。

発生源(責任TP)に炎症所見はみられない。

高齢者が寝たきりになる第2位の原因の大部分。

ひざ痛膝痛膝関節変形性膝関節症肩甲骨肩痛50肩40肩

股関節痛変形性股関節症腰痛骨盤臀筋坐骨

健康診断の基準値と同じように日本人と外国人では解剖学的に違うところがある。

解剖書にあるようには、全ての人が同じでない 個人差 破格がある。

現行の解剖図や模型は、ほとんど欧米人のものである。

治療の基本・基礎である 筋骨格 解剖で正確な把握・触察をできる人はほとんどいない とのこと。

なので、次の段階の 罹患部の特定、正しい部位への治療や ツボを正確にとったり、正確な位置に鍼をできる人はほとんどいないことになる。

肩こり肩の痛み 腰痛

当院で行っているKTPトリガーポイント鍼療法は、従来の経穴治療理論と異なり、長年の実践及び解剖学に基づ

く探求や最新の生理学的な見地を拠り所としていて、今もなお日々進化・発展している技術です。

常に最新の臨床知見を学び、日々技術研鑽をしていますので,当院の治療は進化・発展を続けています。

解剖学に基づいた人体骨格筋の立体構造イメージ構築、浅層筋から深層筋までの正確な触察法・触知技術、

旧来の経穴治療理論に囚われないトリガーポイント検索法により

罹患部・責任トリガーポイント(発痛部)の特定や正確な刺鍼・治療も可能となっています。

  トリガーポイント研究会地球

トリガーポイント研究会フェイスブック

トリガーポイント研究会ツイッター

名張 交通事故 整骨院 肩こり 腰痛 膝の痛み 首の痛み 肩の痛み 50肩 頭痛

名張市 伊賀市 の鍼灸 美容鍼 交通事故治療 骨盤矯正 猫背矯正 産後矯正 不妊鍼灸 整体

名張 鍼灸 やすらぎはりきゅう整骨院 ☎0595-64-0033

 

| カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hk