膝の痛み ひざ痛

こんばんは(^^)☆

 

今日は、肥満が原因となる「変形性膝関節症」について書いていきます!

膝痛

 

ヒザ・腰は、体の重みを支えている部位です!

太っている人、体重が重い人は、ヒザや腰に負担がかかり、痛みやすくなります。

特に、ヒザは体重の影響を強く受けます。

 

ヒザの関節は、太ももとスネを連結しています。

両方の骨の先端の表面を、「関節軟骨」という弾力性のある組織が覆っていて、ヒザの動きをなめらかにしています。

 

そのヒザの関節の中に、「関節腔」という小さな隙間があります。

負担を軽減するクッションのような隙間です(^^)

 

この、「関節軟骨」と「関節腔」のおかげで、骨と骨が直接ぶつからないようになっています!

 

しかし体重が増えると、この「関節腔」に負担がかかるため、関節の間の隙間が狭まり、関節軟骨が、どんどんすり減っていきます!

 

そうなってしまうと、炎症が起こったり、骨と骨がぶつかり合って動くたびに痛くなったりします。

このような状態が続くと、「変形性膝関節症」になってしまいます。

 

ひざ痛

 

男性より女性に多く見られる理由は、ヒザを支える筋力が弱く、関節が小さいため。

さらに、女性のほうが脂肪がつきやすいので、妊娠やストレス太りなど、体重が一気に増えるとヒザを痛めることが多いです。

 

自分でできる治療法・予防法は「体重を減らすこと」です!

 

まずは、5㎏の減量を目指して体重を落としていきましょう!

 

体重を5㎏減らすだけで、ヒザにかかる負担が30%~60%軽減されるといわれています!!

 

しかし、ヒザの変形が進んでいると、減量しても痛みが軽くならないこともあります。

その場合は手術が必要になることが多いのですが、変形性膝関節症のさらなる進行を防ぐためにも、体重を減らしてヒザへの負担を軽くしましょう!!

 

 

かといって、ヒザに痛みがある方が、いきなり運動をするのは難しいものです。

無理に運動をしてしまうと、痛みが悪化する場合もあります。

 

そのため、まずは食生活を見直してみましょう!☆

 

例えば、

・揚げ物を減らして野菜をたくさん食べる

・甘いものを控える

・お酒をへらす

 

など!!

 

体重が落ちてきたら、徐々に運動を取り入れるのもいいかもしれません!

ただし、ヒザに痛みがある方は、先生とよく相談してくださいね。

 

また、当院では変形性膝関節症の治療と、減量のお手伝いもさせていただきます☆

 

先日ご紹介させていただきました「体組成計」で、今の状態を計測していただき、数か月後、どう変化したかを数字でみていただくことができます(^^)

 

耳つぼ・EMSなど、患者さんひとりひとりにあったダイエット法で、健康的に減量することを目指します。

気軽にご相談くださいね(^^)♪♪

 

それでは!

 

リストマークダイエット・腸腰筋・耳鍼 ブログ リンク

リストマーク芸能人の健康管理  ブログ リンク

リストマーク やすらぎ で健康管理 ブログリンク

リストマークココナツオイル ブログ リンク

美容鍼灸

名張 交通事故 整骨院 肩こり 腰痛 膝の痛み 首の痛み 肩の痛み 50肩 頭痛

名張市 伊賀市 の鍼灸 美容鍼 交通事故治療 骨盤矯正 猫背矯正 産後矯正 不妊鍼灸 整体

名張 鍼灸 やすらぎはりきゅう整骨院 ☎0595-64-0033

 

| カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : oy