テストステロン

テストステロン
低下するとうつに
全身に作用 記憶認知力集中力の維持

他のホルモンにも影響をあたえる指揮者的役割がある
成長ホルモン 運動 筋力
セロトニン、 気分の安定 注意力 集中力
メラトニン   睡眠
ドーパミン  やる気
コルチゾール ストレス
ノルアドレナリン 寝汗 イライラ
インシュリン 食生活
一酸化窒素
テストステロンは女性も大事 テストステロンはエストロゲンに変換される
更年期を過ぎても女性が元気なのはこのため

女性にも男性にも共通する男性ホルモンの働き
体の活動に働く
・筋肉や骨の質を高める
・内臓脂肪の増加を防ぎ、血圧を下げ、糖尿病などを予防
・バランス感覚を保ち、運動機能を向上
精神の活動に働く
・社会関係を保つ
・リーダーシップを発揮する
・新しいことにチャレンジする好奇心
・競争心を保つ
従来、女性のテストステロン量は男性に対して10分の1とされていたのに対して、実際に唾液の調査でわかった活性のあるテストステロン量は女性でもかなり多く、閉経後では、男女差がない分泌量で、健康の維持に役立っています。

ホルモンには運動 睡眠 ストレス 食事 が影響を与えます
当院では 痛みのない動ける体 睡眠 ストレス軽減 消化吸収向上 の施術を行い
テストステロンの感受性の向上 ホルモンの働きを良くする治療も行っています
睡眠不足は血糖値血圧が上がり 太りやすくなります

| カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hk