慢性痛と急性痛

治癒のメカニズム 慢性痛と急性痛
痛み傷腫れ炎症がないと体と脳は治すところが分からない
外傷のような感覚がないと体はすぐに治さない
急性痛
傷腫れ炎症外傷があると 体の表面は神経が多いので痛みの場所も正確にすぐわかり 生死に関わることもあるので体はすぐに対応 治します

急性痛

場所原因の特定

慢性痛
深部痛  体の深部は神経が少ない 傷腫れ炎症外傷がないので、はっきり痛み・こりの場所や程度が分からない 様々な感覚情報が脳内で階層処理・加工統合され、様々なバイアスもかかる 正確に脳で分析しきれないので 痛みの部位 程度は錯覚されやすい 外傷よりすぐに生死に関わることが少ないので体はすぐに直さない

 

慢性痛

火事全体 痛み自体に対応が必要

表面の緩い弱い刺激では 急性痛の治癒反応が起こらないので、治りません
TP治療をすると慢性痛が治癒へと向かいます
もみ返し は表層筋全体 表面手肘でのマッサージでなります
それとは異なる 強いマッサージではない深層筋の原因TPへの「ズーン」と感じる刺激感
表層筋のダメージを最小限に
点・面で感覚が残るように 急性痛の治癒反応が起こるようにしています

ツールはり

TPはり・TPツール で可能です
「ズーン」と感じる刺激感ないと悪い場所が分からないので、体・脳は治すことをしない
表面だけの感覚 気持ちの良いだけのマッサージは 急性痛の治癒機序が働かないので
そのときだけで すぐ元に戻ります 治りません プラセボになります

伊賀市名張市交通事故整骨院腰痛肩こり

名張やすらぎはりきゅう整骨院 交通事故治療 美容鍼灸 鍼灸 腰痛 肩こり 姿勢矯正

| カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hk