今や5.5人に1人は不妊症

今や5.5人に1人は不妊症といわれています
18人に1人が体外受精
研究により、難治性不妊症の患者さんに対して鍼灸治療を行うことにより、妊娠率を向上させることが明らかになりました。

胚移植などの生殖補助医療を5回以上おこなっても妊娠に至らなかった難治例(114症例)に対して鍼灸治療を行い、鍼灸治療後の妊娠率を検討したところ、114例中49例(43.0%)が妊娠に至り、そのうち 23例(46.9%)が出産まで至りました。妊娠群の妊娠方法について、追加の不妊治療を必要としなかった自然妊娠が8.2%(4例)にみられました。また、鍼灸治療後に不妊治療(胚移植)で妊娠に至った症例は妊娠群の89.8% (44例)でしたが、そのうちの68.2%(30例)は鍼治療施行後1回目の不妊治療で妊娠に至りました。さらに、そのうちの30.0% (9例)は10回以上不妊治療を経験していた非常に難治性の高い症例でした。この結果からわかったことは、鍼灸治療は生殖補助医療と違って、母体に対して妊娠・出産に適した身体作りとでもいうべき治療であり、不妊治療を補完する治療であるということです。

伊賀市名張市交通事故整骨院腰痛肩こり

不妊治療

不妊症に対する鍼治療

仙骨部鍼通電療法

排尿障害に用いている仙骨部鍼治療を行うと、不妊症患者さんの子宮血流が改善することがわかり、妊娠率の向上も得られます

子宮機能改善・子宮循環向上の効果があります

子宮動脈の血流改善効果 内膜の厚さの改善

子宮放射状動脈の血流改善効果 内膜の質の改善

研究結果では子宮動脈の血管抵抗値(RI:resistance index)が 鍼灸治療を行った後に、抵抗値が有意に減少。子宮動脈の血流が増加します

陰部神経鍼通電療法、

卵巣の機能を改善させる。
陰部神経鍼通電は、ARTで必要な採卵数向上、排卵障害、良性胚の育成などに効果がある

研究結果では、同じ卵巣刺激条件下で陰部神経鍼通電療法を3周期行った後の採卵において45.3%の周期で 採卵個数が増加 これらの特殊治療を行うことで最大58%の成功率があるということです

一回のART成功率は平均で20~30%。40歳台だと15%程です

3ヶ月鍼灸治療は必要
卵子は排卵するために120日以上かかる
質の決定は排卵の60〜90日前
卵巣血流量の改善
卵巣表面は、びっしりと血管に覆われています。卵子の成長、卵胞の成熟に膨大な栄養が必要
排卵のたびに起こる卵巣表面の損傷を修復するためにも、極めて多くの養分を必要とします
排卵周期の3ヶ月以上前からがもっとも卵子への栄養供給を効率的に行える期間
子宮血流量の改善
子宮の血管は、毎周期ごとに伸長と破綻を繰り返す特殊な組織
毎月繰り返すからには、極めて多くの養分や血液が必要とされます
子宮機能の改善は可能

冷えの改善
冷えが強い人は交感神経が過剰に優位であり、血管が収縮しやすい
手足の冷えを引き起こしている中小動脈の収縮が、子宮や卵巣の血管でも同様に起こる
冷えを感じることで不快を感じ、さらに交感神経を優位にする
冷え性の原因となる深部体温を上げ、内臓機能向上となる筋肉へのトリガーポイント治療

自律神経 交感神経抑制の治療
免疫機能にも大きな影響
免疫的な着床障害が一定割合を占めている
自律神経を介した生殖器系への作用を重要視
交感神経の遮断ないし抑制は免疫機能に影響する

名張交通事故整骨院腰痛肩こり美容鍼灸

2009年は40人に1人体外受精児

現在21人に1人は体外受精で生まれている

日本は、世界でいちばん不妊治療で出産できない国
妊娠できない不妊治療が大量に行われている

出産率が低い一方で、日本は、ARTの実施件数は、60ヵ国・地域中で第1位でした。つまり日本は、国際的に見ると、「妊娠できない不妊治療が非常にたくさん行われている」ということになります。
日本の2010年のART実施件数は24万2161件でした。これは第2位の米国の約1・6倍にあたります。ところが、治療によってどれくらいの子どもが生まれているかというと、米国の半分にも満たないのです。

日本は、体外受精の実施件数が世界1

名張交通事故整骨院腰痛肩こり美容鍼灸

不妊治療

体外受精での出産率は世界最下位

名張交通事故整骨院腰痛肩こり美容鍼灸

不妊治療

半永久的に受精卵が保存できるように
受精卵は、凍結させたほうが妊娠率が上がるという事実です。
凍結胚移植のほうが1.5倍も妊娠率は高いのです

凍結した受精卵を移植したほうが、妊娠率は1.5倍高い

受精卵を凍結させると、子宮内膜の状態が着床しやすいように準備ができたタイミングで移植することができる

社会的適応の卵子凍結
卵子の年齢が若いほど妊娠しやすいという研究結果がある

40歳くらいが標準的な境界線
不妊治療の専門医が「高齢だから」ということを理由に不妊治療の終了を提案する場合は、女性が42歳か43歳くらいになっている場合が多いと思います。

名張交通事故整骨院腰痛肩こり美容鍼灸

不妊治療

43歳では半分、40代後半ではなんと約8割が妊娠しても流産
不妊治療は「限られた時間しか使えない」
時間が限られているのであれば、大切なのは「効率」と科学的エビデンスに基づいた治療
骨盤整体・不妊整体などの根拠も効果もないものに騙されないようにしてください
「限られた時間」「限られたお金」を有効に使えるかどうかが、不妊治療では、否応なしに求められます
治療の開始年齢は早いほど良い結果になります

名張交通事故整骨院腰痛肩こり美容鍼灸

不妊治療

インターネットの情報は、画面の背後にさまざまな妊娠ビジネスが動いていることがあります。そうした情報は、見た人が妊娠できることより、ビジネスとしての利益を優先している可能性もあります。不安をあおったり偏った説明をしたりすることで、特定の商品や組織にお金を払いたくなるよう巧みに誘導する

伊賀市名張市交通事故整骨院腰痛肩こり

名張やすらぎはりきゅう整骨院 交通事故治療 美容鍼灸 鍼灸 腰痛 肩こり 姿勢矯正

| カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hk